保険見直し相談室|保険を見直すときの注意点

笑顔

終身保険とは

終身保険とは

日本人

保険の中でも終身保険とよばれるものは自分自身が受取者(被保険者)ではなく、家族や親しい知人など他人が受取人となるものです。
重度の障害状態や死亡した際に保障額が支払われる仕組みになっているので、受け取る人を取り巻く環境を考えた上で設定を行うのが望ましいです。

終身保険の支払い方

保険の期間が死亡または重度の障害状態になった際に保障される終身保険ではいわゆる保険期間が長いため、契約内容によりますが支払い方は様々です。
例えば月払いや年払いなどの分割して支払うケースもあれば、一時払いや全期前納払いなどの一括で支払うタイプもあります。
支払い方によって保障内容についても変わったりしますので、特約条項を必ず確認するようにしましょう。
一括払いと全期前納払いは似ていますが、実際は似て非なるもので支払う側からすれば一括で支払いますが、保険会社の処理としては「預かり」という状態になり月もしくは年で実際の保険料に充当させていく方法です。
支払った段階では効果は同じですが保障時の処理は異なり、一時払いは保障額が支給されるのに対して、全期前納払いは残っている期間に相当する「預けた金額の残額」が保障と同時に返ってきます。
これが一時払いとの大きな違いですね。

このように支払い方ひとつでも大きく変わりますので終身保険については専門家に相談しましょう。